小4算数テキスト表紙

4年生算数からつまづく人が出始める

小学低学年までの算数は、苦手でも頑張れば乗り切れることが多く、親が教えることも簡単だ。しかし、4年生ともなると子供の成長と合わせて、自我の主張も強くなり、苦手教科の勉強はいやいやモードになってしまいがちで、親と一緒に勉強することも難しくなってきます。

しかし、小学4年生はまだまだ子供、男女の違い、性格に合わせながら、感情的にならず、上手く親がリードすればまだまだ親次第で十分ついていくことができます。

もし、算数に苦手意識が強くなってきたときのポイントは、感情的にならないこと。そして、あわてず、できるようになるまでゆっくり付き合うこと。イライラしだしたら、基礎問題だけしてあとは後回しで大丈夫です。まだまだ無理は禁物です。算数嫌いが進行することだけは避けましょう。

注意しておきたい単元

大きな数の計算、がい数、和と差の見積もり

苦手にする子が多い、大きな数の計算。とにかく、大人にもよくわからないルールがあります。「上から2けたの概数で考えなさい」とか、「百の位までの概数にしなさい」とか、それを使って見積してからの計算が出てきます。

しかし、正直に言いましょう。これらの知識は、この先の中学数学、高校数学ではあまり出てきません。少々できなくても問題なし、あまり気にせず前進しましょう。一応、親が教える場合は、事前に基本的なルールを教科書や問題集で予習しておきましょう。ルールさえ押さえれば、大人にとっては簡単なはずです。

もし、子どもが苦手意識を持っても、繰り返し演習にこだわらず、他の重要単元に力を入れましょう。できるにこしたことはないのですが、中学受験でもさほど重要にならない単元です。大きな数をどう読むかなどの基本的なところはしっかり押さえておきたいですね。

計算のポイントは割り算の筆算

小4にもなると、掛け算についてはけた数が多い計算も確実にできるようになっていなくてはいけません。まだ、九九を間違えたり、足し算、引き算に計算間違いが多い子は、繰り返し練習しておきましょう。

そして、小4では、桁数が多い、割り算の演習に入ります。こちらは、苦手とする人が増えてきます。後に、小数の桁数が多い割り算が出てくると、苦手な子はわけがわからなくなる傾向にあります。そうならないように、易しい割り算から、繰り返し慣れるまで、親と一緒に解けるといいですね。親はあくまでも感情的にならず、粘り強く、予想の立て方、予想が失敗したときのやり直しを進めましょう。計算は慣れです。必ずできるようになります。

しかし、あまりにもこの割り算に子供が苦痛を感じているようであれば(まったくやろうとしない、機嫌が悪くなる)、あまり桁数が多い割り算にはこだわらず、一桁できる割り算、暗算でできる程度の割り算を繰り返しておきましょう。大丈夫です。中学数学は分数がメインになります。

分数と小数の計算はまだまだ簡単、簡単な文章題でも丁寧に理解させたい

分数と小数については、小3算数でも書きましたが、まだ、分数とは何か?小数とは何か?を理解させることが最重要課題です。計算は、まだまだ簡単なのでたくさんする必要はないでしょう。それよりも、時々ある文章題をじっくり考えて解くことです。親が考えた問題を解かせてみるのも良いでしょう。

本当に、分数や、小数の基本的な使い方がわかっているか?必ずそこをわからせて、次に進みたいものです。

図形問題や統計グラフ問題は、高学年で難問を解くための下準備

図形は、いよいよ面積の求め方を習います。また、直方体や立方体、垂直や平行といった言葉や書き方を習い、いよいよ算数が本格的になる下準備段階となります。

また、折れ線グラフ、変わり方など、統計分野も今後数学では重要視されます。しかし、そこまで難解ではないのでなんなく解けてしまう人が多いでしょう。中学受験を考慮に入れている人は、専用のテキストを購入して難易度が高い問題に挑戦していきたいところです。

小学4年生で挑戦しておきたい先取り学習は「速さや割合の概念」

学校の内容には比較的余裕があり、先取り学習に挑戦したい方は、次の方針を参考に学習を進めましょう

  • 計算はどんどん先に予習を進めても大丈夫ですが、方程式(中学内容)の導入は慎重に行いましょう。複雑な文章題や、穴あきの計算問題を解くことの方がこの時期は大切です。また、中学受験に方程式は役立ちません。算数ではないからです。
  • 5年生で習う割合の考え方を先取りして教えて、比や割合の考え方に慣れましょう。5年生の問題集を使用して割合の基本的な考え方を導入しても構わないし、巷のスーパーやバーゲンで行われるセールを参考に、何%引きとはどういうことかを生活に密着したことを教えるのも良いでしょう。原価や仕入れ値、利益などいった言葉も説明して理解できるはずです。
  • 速さについても同様に先取りが可能です。時速、分速、秒速を、車や飛行機、自転車を例に身近なものとして教えます。
  • 上記の知識や概念を使った、基礎的な文章題を解けると良いですね。親が教える場合は、少し大きめの本屋に足を運んで、立ち読みしながら、分かりやすい基礎的な文章題が多く載っている問題集を買ってみましょう。試しに買ってみて、失敗しても大丈夫です。塾代に比べれば安いものです。たくさん失敗して子供に合った問題集を見つけましょう。

 

 

 

おすすめの記事