中2英語文法問題写真

一般的な中2英語の様子

中1英語で最も躓き易い、三人称単数現在形(三単現)のときのSを乗り越え、一般動詞の過去形を学習した中学1年の英語は、いよいよ2年生で本格的に文法を習います。

その代表的なものに、不定詞(名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法)、動名詞、比較と言ったものがあげられます。数学と同様、夏休み明けぐらいから急に難易度が上がる印象です。文法をもともと苦手にしている人、今までは何とか感覚で英語の問題が解けていた人などは、本格的な文法が出てきて意味が分からなくなる人も多いでしょう。

本当は、高校1年でしっかり習う文型というものをこの中学2年で意識した対策を始めて良いのですが、学校の教科書には出てきません。最近の流れとして、文法用語を丁寧に教えることはせず、表現として習い、形だけ覚えさせる学校がほとんどです。(問題集では取り入れているものをちらほら見ます)

通っている塾や、私立や中高一貫校は、文型を教えているところもたくさんあるので、家で学習する場合も、文型を導入して、文法の基礎の基礎に触れることは意義あることだと思います。後々、英作文や英文和訳で役に立つはずです。

しかし、文法を教えたからと言って、英語ができるようになるわけではないので、あくまでも高校受験に向けて何をすべきかに触れてみます。

得意、不得意を4パターンに分ける

文法は得意だが、長文読解が苦手な人

私の経験では、このようなタイプは理系に多い。おそらく、数学や理科の計算系が好きな人は、理論的に考えることが好きなので、文法も、一つ一つ理由を説明されると納得がいき、問題を解くのが面白いのではないかと思います。

このパターンの生徒に注意したい点は、解く量が少なくなる傾向にあり、単語の綴りをおろそかにしたり、長文読解に時間がかかったり、英語をなめがちです。(笑)

実際の高校受験、大学受験の問題は、長文読解が中心になります。そして、文法だけではそれを乗り越えていけないため、量を解くことが必要になります。英検などに挑戦するようにして、解く量を維持するよう心がけましょう。

文法が苦手だが、比較的長文は好き

経験上文系にこのタイプは多い気がする。文法的な細かいことは気にせず、感覚で英語を解いていると思われます。ネイティブの英語スピーカーも文法を知らない人がいるわけだから、このままでもいいとも言えます。また、高校受験、大学受験ともに、読解中心が今の流れです。高いレベルの長文を読むことができれば、乗り切ることができます。

したがって、中学の今の時点で、文法が苦手でも、学校のワークや問題集一冊くらいを一通り解いたら、自分の好きな英語問題(長文)にたくさん取り組んでもさほど問題ないです。もし、文法問題に強くなりたい場合は、文法パターン演習がおすすめです。

 

参考までに

 

理想は、中学3年の秋にある英検まで、3級、準2級を目指して、英検対策をすることで、英語力をつけてはどうでしょうか?このパターンの子供たちだけでなく、すべてのパターンで中学生、高校生は英検がお勧めです。

英検の勉強方法は後日記事をアップします

英検テキスト写真1

文法、長文両方とも苦手

どうしても英語が得意にならない人がいます。何度説明しても、三単現のSを間違えたり、一般動詞とbe動詞の区別がつかなかったりしてしまいます。そんな場合の対策は、ひたすら会話文形式の問題を解くことです。ひとつでも知っている表現を増やして、書く練習、読む練習、聞く練習、しゃべる練習を続けましょう。どれかひとつだけになると余計にわからなくなってしまいます。四つをバランスよく進めましょう。

会話文での言い回しに慣れ、リスニング学習などを多用することで、英語の語順や英単語そのものに慣れていくしか方法はありません。五感をフルに活用(聞く、見る、書く、しゃべる、体を動かす)して英語を楽しみましょう。英会話教室に通い続けるのも一つの手かもしれません。外国人の友人や知り合いがいて定期的に会話できるなんてことがあれば最高ですが。

英語が得意で、一度聞いた単語を覚えてしまう

逆に、すごく語学センスに優れた人にも出会います。今の日本は、幸運にも英語が得意な人は優位な受験制度になっています。また、英語がしゃべれるだけで、良い就職先にも恵まれていたりします。

そのセンスを磨くことを早くから始め、余裕があれば、英語で数学などの他の教科を学習したり(ネットでそのようなチャンスがいくらでもあります)、アニメや映画を英語字幕で見る訓練をしてみましょう。

今の時代は、英語+専門技術があれば鬼に金棒です。学校の勉強にこだわらず、いろいろなところで語学にふれてみたいものです。

最後に高校受験に向けて問題集を選んでみる

高校受験に向けての問題集は、大学受験に向けての問題集とは違い。あまり、定番のものがありません

長い間ある問題集はありますが(ハイクラス問題集など)、一般的にどの問題集も、一冊で十分というものではなく、学校の勉強の補足的なものが多いです。また、量的に不十分だったり、量が良くても難易度が高すぎたり、受験問題と雰囲気が違ったりとなにかと不便です。

まずは、一冊、親がもしくは本人が、大きな本屋で立ち読みしながらこれが良いだろうというものを見つけ、買ってみます。そして、それを解いてみて、合わなければ軌道修正し、別のを買ってみる。それを2,3回続けましょう。次第と問題集の選び方に慣れてきます。あくまでも自分のレベルに合わせたのもを買うことがお勧めです。塾費に比べたら安いものなので、複数買って試してみましょう。

また、塾に通っている場合、中学生の問題集は、全国で使われている塾専用教材がたいへん充実していてさまざまなレベルの多種類の問題集があります。ある程度の規模の塾は全国どこでも簡単に手に入るので、塾の先生に家庭学習用の問題集のおすすめはないかを相談してみましょう。(高校生になると本屋のほうが充実します)

高校受験は私立高校でない限り、リスニングと読解問題、英作問題が中心となります。(私立高校は、過去問を参考に研究を)問題集を選ぶ場合は、文法問題集(難易度が高いものは公立高校には必要なし)と長文問題集の2冊を選んでみると良いと思います。

教科書ワークなどの教科書対応の問題集でない場合、習っていない単語や熟語が出てきてしまい、解きにくいと子供たちが感じる場合があります。しかし、高校受験までにはどうせ必要な単語ですから、丁寧に調べて発音してみて、時間をかけて問題文を訳す練習を続けましょう。

英語は、急にできるようにならず、徐々に力がついていき、忘れたころにできるようになっているという教科です。今、できなくても根気よく、単語力、読解力を中心に力をつけていきましょう。

その他参考までに

英文法問題写真1

上記の書き換え問題などはあまり高校受験で見かけなくなりましたが、英語への理解を深める上でやっておきましょう。ちなみに上の問題は、4文型から3文型の違いをわからせる問題です。難易度は10段階で7か8くらいでしょうか

 

英熟語写真

市販の問題集で文法問題を解くと、学校で習わない熟語がけっこう出てきます。知らないものも覚えておくと良いのですが。まずは重要なものを。上で言うと、興味がると、得意だの熟語、そのほかは、しっかり訳すことができるようにしたい

会話文問題写真

会話文は、英語が苦手な人も取り組みやすい。選択肢だし、重要表現が多く出るので、問題集を選ぶ時はたくさん載っているものを選びましょう。

英語長文問題写真

中2の時点から、長文問題は必ず解くようにしましょう。一文一文丁寧に時間をかけて訳します。意味がはっきりしない文は、誰かに聞いてでも訳しましょう。上記のように短めの長文から始めて、長い長文に2年生のうちに慣れておきたいところです。

 

 

おすすめの記事