本を読む女子学生

教科書を読めない子供たちは案外多くいる

学校の授業がわかっていないな?

そんなふうに自分の子供から感じたことはありませんか?

各教科に当然教科書があり、それは、日本語で書かれています。その教科書を読んでも、書いている内容がよくわかっていない子が実はたくさんいるのです。

学校の先生の教え方が下手でも、上手でも、学校の教科書を読めないようでは成績は伸びません。実際塾の現場でも、学校の授業の基礎が掴めていないなと感じる生徒は、学校の授業を聞いていないだけではなく、教科書を読む国語力が不足している場合がほとんどです。

もし、自分の子供にそのような疑いがある場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

 

国語力がない場合の対処法

上記著書を私も読みましたが、この著書には、実際の対処法は書かれていません。その方法をマニュアル化するには多くの時間とお金が必要になりそうです。

現時点で、当サイトとして、提案できる方法は大きく分けて二つあります。

どういう形でも良いので活字の「文章」に触れる

生活をしていく中で、中学生ともなれば好き嫌いがはっきりしてきます。

小説や新聞など、自分から読む子は、国語力が優れています。ほぼ、間違いなく、国語の点数が良いはずです。

だからと言って、国語力がない子に、小説や新聞を読ませても効果はありません。というか、まず読もうとしないですよね。なぜなら理解できないから面白さもわからない。

では、どうすれば良いか。。。。

それは、子どもが好きなものから攻撃するしかないのです。

ゲームの説明書、漫画、アニメ、アイドル雑誌、スポーツの解説書、宝探し、。。。。なんでもいいから文章を読ませるしか国語力を上げる方法はありません。

なぜ、好きなものから取り組むのでしょう。それは、国語力というのは、自分の気持ちを、その文章が何を書いてあるのか「わかりたい」という状態にして、繰り返し読むことで成長するからです。

想像してみてください。

「牢屋に閉じ込められ、そこから脱出する方法が唯一、この本に書かれている」という状況があったとしたなら、いくら難しい文章でも、繰り返し必死に読むでしょう。それを好きなアイドルに会える方法に置き換えたとしても同じです。

小説を好んで読む人は、面白くて読みたくてたまらないのです。漫画も同じです。そのような状況を親が子供に作るには、まずは興味のあるものから取り組ませることが必要です。

どうしても国語力を上げたい人は、とにかく自分が知りたいこと、興味があることが、文章でかかれているものから始めましょう。文章で書かれていれば何でも良いのです。そして、文章を読むことを定期的に続けることが国語力を上げる第一歩です。

どういう形でも良いので「文章」を書く

次に文章に触れることと同じくらい、文章を書くことが大切になります。

スマホが普及し、大人でも文章を書くことが非常に少ない世の中になりました。自分で文章を作ることがない。そのような時代になりつつあります。

国語力は必要なくなったのでしょうか?

そんなことは全くありません。

例えば、大企業に勤めていると、報告書というものを必ず書かされます。

5W1Hが大切とか、ほう・れん・そうが大切とは、新入社員の研修で一番最初に教わります。

実は、この報告書、とても国語力を必要とするもので、要点を、的確に、手短に、早く上司に伝えなければいけません。良い報告書が書けない人=仕事ができない人 ということが成り立つのです。

今ではそれが、メールになりつつありますが、それでも国語力が必要なことは全く同じです。

私の塾では、生徒と直接メールやラインのやりとりをしますが、国語力がない生徒ほど、返信が「単語」で帰ってきて、言いたいことがよくわかりません。相手の気持ちや、この文章がどのように相手に伝わるのか想像できないのです。

国語力をつけるためには、親子間でのラインやメールのやりとりをしっかりした文章にさせるなど、しっかりと意味が通じるように「文章を作る」練習が必要なのです。

学校の宿題によくある「読書感想文」や「意見をまとめよ」などの作文は、国語力がない子供たちにはハードルが高すぎるので、まずは、日々の生活で、「意味がしっかり相手に伝わる文章」を作る訓練をする必要があります。

それに、付き合ってあげることができるのは親だけではないでしょうか。

成果はなかなか出ないが、続ければ必ず効果がある

どうしても親は目の前のテストの点数にこだわります。

国語の点数が低いと心配になり、少し良いと安心します。しかし、国語力は一朝一夕にできるものではなく、本当に日々の些細な積み重ねでしか良くなっていきません。点数にはなかなか現れないのです。

社会に出て生きていくためには、国語力は大きな武器になります。電話でのやりとりより、メールでのやりとりが増えているのですから、国語力の重要性はさらに増しているのかもしれません。

小学生や中学生の今の内に、文章に触れ、文章を作る練習を繰り返しましょう。

一つ一つの小さな一歩が必ず大人になって成果が出ていることに気付く日が来るでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事